有限会社 1級計算力学技術者 固体力学 振動工学 

 

住所 〒396-0011 長野県伊那市境1209-2  

TEL :  090-2223-9851   Mail mikoy@valley.ne.jp

ホーム /解析事例 FEM基礎理論 CAE概要 CAE実践 教育/コンサルタント 受託解析 事務所紹介

プロッタ-板金構造応力解析                                     シェル応力解析事例へ戻る
plotter_m1.jpg (47924 バイト)

図1

図1の様な板金物にて構造をもたせている大型プロッターの応力解析事例です。 荷重のかかっている板金にはヘッドモジュール(30Kg相当)がのり、この板金のたわみが印字精度に大きく影響するため極力小さくする必要があります。 シェル要素を使用しているので、イメージ図では板厚が0に見えますが、計算上は20mmにて行っています。

 

材料 : 鉄

ヤング率 : 2.1e+011 N/m*2

ポアソン比 : 0.28

荷重 : 30Kg

plotter_mesh.jpg (129362 バイト)

図2

plotter_rslt1.jpg (78706 バイト)

図3

plotter_rslt2.jpg (80469 バイト)

図4

 

 

図3,4 には変形状況と、応力状況を示します。 足と底板のつなぎ部分に約100MPaの相当応力がかかっている事がわかります。 

 

最もたわむ手前の部分で0.5mmのたわみが計算されています。 

 

 

 

 

動画にて変形状態を確認いただけます。

    

 −−> 動画ファイル

 

”動画ファイル” をクリックください。 再生しない場合は、 右クリックし ”対象をファイルに保存” を選んでダウンロードしてから再生ください。

      

aviファイルをMedia Playerなどで再生ください。(*.avi ファイルをダブルクリック)

    

フルスクリーンにして、 再生メニューで連続再生を選んでください。

                     シェル応力解析事例へ戻る