有限会社 1級計算力学技術者 固体力学 振動工学 

 

住所 〒396-0011 長野県伊那市境1209-2  

TEL :  090-2223-9851   Mail mikoy@valley.ne.jp

ホーム /解析事例 FEM基礎理論 CAE概要 CAE実践 教育/コンサルタント 受託解析 事務所紹介

座屈解析、疲労解析 事例                                              解析事例 トップへ

座屈解析 : 部材にかかる荷重が不安定な場合(たとえば長い棒を長手方向に圧縮する時など)は、座屈解析が必要となります。 これは、数学的には固有値問題となりの座屈のモードと、座屈荷重を計算します。 通常、座屈は応力解析よりはるかに低い荷重で起こりますので、長て方向への圧縮がかかる場合、座屈破壊を注意する必要があります。  座屈とは荷重等によって蓄えられたエネルギーが部材の変形にともない急激に開放される現象です。

疲労解析 : 一定の繰り返し荷重がかけられた時、疲労による破壊が起こる回数等を予測します。 製品の寿命を予測し、設計寿命を設定する事で、コストアップにつながる必要以上の強度を削ぎ落とします。

chear_head.jpg (42753 バイト) bottle_head.jpg (23390 バイト) flame_zakutsu_head.jpg (81764 バイト)
いすの座屈解析 プラスチックボトルの座屈解析 鉄骨フレームの座屈解析
switch_head.jpg (59808 バイト)
車のパワーウインドウスイッチの疲労解析