有限会社 1級計算力学技術者 固体力学 振動工学 

 

住所 〒396-0011 長野県伊那市境1209-2  

TEL :  090-2223-9851   Mail mikoy@valley.ne.jp

ホーム /解析事例 FEM基礎理論 CAE概要 CAE実践 教育/コンサルタント 受託解析 事務所紹介

1. CAE導入の目的、期待される効果                                         戻る

○ 設計上流工程にてトラブルの元をあらかじめ摘み取る。(試作工数削減)

  応力、疲労、座屈、熱応力等の強度問題 ――> 破断、破壊の回避
  振動問題 ――> 振動を起こさない静粛性、振動破壊、騒音問題の回避
  熱問題 ――> 熱による脆性破壊、トラブル回避

○ 製品の性能を上げる。お客様へのアピール

  軽量化――>必要十分の構造設計。運動性能の向上(軽い、早い、機敏)。燃費の向上。
  振動を起こさない――> 快適、静粛
  安全性――> お客様へのアピール


○ コストダウン
 
  応力、座屈強度、疲労耐久性、温度、振動などのあらゆる観点よりシミュレーションを行う事

  で必要十分な安全性を確保し、製品の製造コスト、材料コスト、ランニングコストを下げる。

  試作工数やコストの劇的削減。

○ 開発スピードの向上

 

  解析技術を一度定式化しておけばモデルチェンジ等への対応が迅速に行える。 

  3D―CAD上でモデルを変更し解析手順を流せばあっというまにチェックができる。 

  いちいち試作品を作り直し、実験で確認せずとも解析にて対応可能。

○ 実験が不可能な製品、現象に対する解析

  経済的理由 : 巨大建造物などコストが莫大な場合(船、ロケット)
  物理的理由 : 精密機器内部、 超小型ロボットなど実験データ検出が難しい場合、

            現象の再現が難しい場合、宇宙空間など重力がない場合の現象再現。 

                                                                              戻る