有限会社 1級計算力学技術者 固体力学 振動工学 

 

住所 〒396-0011 長野県伊那市境1209-2  

TEL :  090-2223-9851   Mail mikoy@valley.ne.jp

ホーム /解析事例 FEM基礎理論 CAE概要 CAE実践 教育/コンサルタント 受託解析 事務所紹介

 非軸対称部品の遠心力応力問題                                         応力解析事例へ戻る
Enshin_ryoku1.jpg (42318 バイト)

図1、2の様な形状の非軸対称部品(直径100mm)を角速度628rad/s(6000回転/分)にて軸穴回りに回転させたときの変形状況と応力状態を計算しています。

 

材料 : 鉄鋼材料

ヤング率 : 2.1e+011 N/m*2

ポアソン比 : 0.28

図3はメッシュ分割状況

Enshin_ryoku2.jpg (30245 バイト)

図2

Enshin_ryoku_m1.jpg (255444 バイト)

図3

Enshin_ryoku_s1.jpg (73529 バイト)

図4

 

 

図4、5には変形状況と、応力状況を示します。

 

最大応力値がフォンミーゼス応力にて6.5MPaをしめして います。

回転体に発生する遠心力問題の場合、それぞれの節点に働く遠心力を静的に与える線形応力解析として求める事ができます。 

 

実際に動的に構造物を回転させるわけではありません。

 

Enshin_ryoku_s2.jpg (53410 バイト)

図5

動画にて変形状態を確認いただけます。

    

 −−> 動画ファイル

 

”動画ファイル” をクリックください。 再生しない場合は、 右クリックし ”対象をファイルに保存” を選んでダウンロードしてから再生ください。

      

aviファイルをMedia Playerなどで再生ください。(*.avi ファイルをダブルクリック)

    

フルスクリーンにして、 再生メニューで連続再生を選んでください。

                                            応力解析事例へ戻る